独立開業のために商売のノウハウを習得する方法

商売のノウハウ習得には二つあります

商売をはじめたいと思っても「まったく何もしらない」「経験もない」では、やっていけません。大きく商売のノウハウを大別すると二つあります。一つは、経営のノウハウで、人の使い方や帳簿の付け方、税金の申告の仕方など、経営者としての固有の知識や経験です。この習得には、実際の経営にタッチしながら蓄積していくことができます。もう一つは、お客に商品やサービスを販売する現場の「仕事のノウハウ」です。こちらは知識よりも体で身に付ける技術的な要素が高くなります。

仕事のノウハウを習得するにはfc加盟もあります

独自で「仕事のノウハウ」を習得するには、自分流に研究しなければなりません。しかし、フランチャイズチェーンならば、こうした時間的な問題を解決してくれます。本部に加盟することで、素人にでも開業のノウハウや接客の仕方などを短期間に教えてくれるシステムが整っているからです。ただし、多くのフランチャイズでは、加盟店に対して「仕事のノウハウ」を教えてくれますが、「経営のノウハウ」を教えてくれるものではありません。

のれん分けで仕事のノウハウを習得

仕事のノウハウ習得に最も多いのが、修業・のれん分けです。しかし、繁盛しているお店ほど、秘伝のノウハウを他人に教えるものではありません。そこで、お店が「のれん分け」を制度として取り入れている店を探すと良いでしょう。優秀な従業員を確保するための方法として「のれん分け制度」を導入しているところがあります。従業員を募集する時の求人募集広告に明記しているケースがあるので注意して見ることです。時間はかかりますが、確実な方法です。

フランチャイズとは本部と加盟店で成り立ち、加盟店になった場合は利益の一部を本部に納めなければならない代わりに看板やロゴの使用許可、商品の仕入れルートの提供、運営マニュアルなどを共有できる仕組みです。