実はフランチャイズには様々な種類があります

ビジネス・フォーマット型

フランチャイズ契約という言葉を良く耳にしますよね。実はフランチャイズにはいくつか種類があります。日本で代表的なフランチャイズはビジネス・フォーマット型と呼ばれるものです。商品や製品のほか、店舗運営などのノウハウもすべてパッケージ化されて提供されます。チェーン店の名前も使用することができますよ。ただ、店舗はパッケージのなかに含まれていません。このため店舗が必要な場合は、本部と相談しながらフランチャイズ契約者が自分で店舗を用意しなければなりません。

ターンキー型フランチャイズ

ターンキー型フランチャイズは店舗から中の商品まで予めすべて用意されているタイプのものを言います。フランチャイズ契約者は鍵を受け取ればすぐに営業を開始できるため、このように呼ばれています。コンビニエンスストアなどで比較的よく見られる形態ですね。自己資金が少なくてもフランチャイズに加盟できるため、ビジネス・フォーマット型に比べると一般に低リスクでしょう。ただ、契約にあたっては条件が細かく設定されている場合が多いです。

コンバージョン型フランチャイズ

コンバージョン型フランチャイズは既に事業を行っている業者が同業者と契約を結んでグループの傘下に入る形態のものを言います。不動産業やホテル業などで行われることが多いです。フランチャイズに参加すると、宣伝や営業方法などのノウハウを取り入れられるので、事業の拡大に繋がる可能性があるでしょう。すでによく知られたブランドの名前を名乗ることもできるので、知名度がアップすることも見込めますよ。また、トラブルに直面した時も解決するためのノウハウの提供を受けることができます。

代理店の募集状況は、ネット上の様々なサイトで紹介されることがあり、発注費用などを確かめてみることが大事です。