フランチャイズ経営をするのであれば気をつけておきたいこととは?

事前調査はとても重要

フランチャイズ経営を志すのであれば、事前に本部についての情報をしっかりと得ておかなければなりません。フランチャイズの経営は安いところでも500万円以上しますし、高いところになると3000万円前後のお金が必要なことがあります。フランチャイズに参加すれば必ず成功するというわけではありませんので、事前に本部がどのようなことをしてくれるのか、どういった理念があるのかを知っておくべきです。決して費用が安いからという理由だけで参加してはいけません。

できるだけ相談するように

フランチャイズ経営が初めての場合は、右も左もわからないことばかりです。もし、完全にフランチャイズではない自営業であれば、同じ自営業者に相談するという方法があります。また、自営業者に仲間がいなければ、コンサルタントを雇うことで解決することがあります。ですが、フランチャイズのメリットは簡単に本部に相談をすることができる点です。本部に相談することを嫌がって自分で解決をしようとする人もいますが、たくさんの知識と知恵を持っているフランチャイザーに相談すれば多くの場合解決ができます。

継続的に顧客を獲得するには

フランチャイズで顧客を獲得するのはそれほど難しいことではありません。個人店と違って最初は無名のところから始まるわけではありませんからね。そう考えるとフランチャイズの最大のメリットは第一日目から顧客を集めることができる点ではないでしょうか。ただ、顧客を集めることは簡単でも、反復して顧客を集める必要があります。そのためにはリピート客が増えるような工夫をすることです。商品はどのフランチャイズもそれほど替わりはありませんので、顧客との人間関係を重視することです。

代理店とはある会社から依頼されその会社の営業を代行する会社です。契約が成立した場合は、取り決めた手数料を受け取る事になります。